英語が1分で分かる【Tell me about it】の意味と使い方とは?

スポンサーリンク
<
英語コラム

英語ペラペラの近道は、実際にネイティブたちの会話に登場する「フレーズ」を覚えてしまうことです。今回のネイティブフレーズはこれ!

Tell me about it.
英語フレーズ「Tell me about it」の意味と使い方を学びましょう。
スポンサーリンク

Tell me about it の意味とは?

ネイティブと身の上話をしていて「Oh, Tell me about it.」と言われたとします。

直訳すると「それについて言って」なので、「そうなんだ、もっと聞きたいんだ」と考えて、さらに詳しく事情を説明したとします。

ネイティブは少し変だなと思いつつも、会話はきっと続くでしょう。

でも実は、意味がまったく違うんです。

意味

本当だよね。分かるよ。その気持ち共感できる!

といった、会話の相手に共感を示す定番フレーズなんです。

Tell me about it がなぜ、共感のフレーズになったの?

もともとは、「 You don't need to tell me about it! 」(言う必要ないよ。わかってるよ。)という文の、前半部分が省略された表現です。

カジュアルな表現なので、フォーマルな場所では使わない方がよいでしょう。

例文

A) Everything that's happened to me the past few days is the best story. I can never write.「ここ何日かで私に起こったことすべては、最高の特ダネよ。でも決して記事にできない。」

 

B) Oh, tell me about it.本当だよね。

 

※アメリカのTVシリーズ「The Flash」より

この場面では、ある女性記者が超能力をもったフラッシュの秘密を知ったのですが、秘密なので記事にはできないと残念がっています。それを、事情を知っている同僚がなぐさめています。

「The Flash 」はアメコミの実写版です。カジュアルな表現がたくさん出てくるので、英会話の学習にとても役に立ちます。

Tell me about it.

ぜひ、この共感フレーズを使ってみて下さいね。