札幌・妊娠したときこそ保険の見直し【お守りを赤ちゃんに】オススメ厳選2選!

保険の見直し

札幌・妊娠したときこそ保険の見直し【赤ちゃんにお守りを】オススメ厳選2選!

こんにちは、当ブログの管理人のケイです。当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。それではごゆっくりとご覧ください。

あなたは妊娠をきっかけにして、保険の見直しでこんなお悩みをもっていませんか?

【お悩み】
今後ライフスタイルが大きく変わるけど、現在加入している保険の保障内容が、妊娠や出産後の状況に対応しているの?
出産後は、育児のために収入が減ったり、家計の支出が増えたりする可能性があるけど大丈夫なの?
生まれてくる子どものための学資保険は、何がいいんだろう?
■ 妊娠や出産には、たくさんのリスクがあるけど大丈夫なの?
■ 妊娠や出産を機に、保険料の負担が大きくなりそうだけど何とかならないの?

この記事では、このようなお悩みをすべて解決します。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

結論から先にお伝えします。

それは妊娠、育児、教育費、ライフプラン、老後の資金まで熟知した保険のプロ「ファイナンシャルプランナー」に相談するのが一番です。
そんなファイナンシャルプランナーが在籍する、無料で相談できる保険見直しサービスの利用が今、オススメです
《この記事を書いた人》
デオエースex,顔,デオドラント,クリームはじめまして、アラフォー主婦のケイです。現在、2人の子供の母親でもあります。私たち夫婦は、ライフステージが変わるたびにこまめに保険の見直しをしてきました。私自身の経験と、友人のベテラン・ファイナンシャルプランナーから教えてもらった情報を元に、妊娠を機に保険の見直しを考えている方々に向けてこのブログを書いています。私の経験が皆さんの保険選びの参考になれば幸いです。

\保険のプロが多数在籍/

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険
妊娠で保険の見直しをする場合、知っておかなければならないことが実にたくさんあります。

順にお話しさせてくださいね。

  1. 1. ライフスタイルの変化と保障内容の確認~妊娠で保険の見直し~
    1. ①医療保険~妊娠で保険の見直し~
    2. ②生命保険~妊娠で保険の見直し~
    3. ③損害保険~妊娠で保険の見直し~
  2. 2. 収入減少・支出増加への対策~妊娠で保険の見直し~
    1. ①収入減少への対策~妊娠で保険の見直し~
    2. ②支出増加への対策~妊娠で保険の見直し~
  3. 3. おすすめの学資保険~妊娠で保険の見直し~
    1. 「貯蓄型」学資保険~妊娠で保険の見直し~
      1. 貯蓄型学資保険の選び方
      2. 貯蓄型学資保険の注意点
      3. 貯蓄型学資保険のまとめ
    2. 「終身保険型」学資保険~妊娠で保険の見直し~
      1. 終身保険型学資保険の選び方
      2. 終身保険型学資保険の注意点
      3. 終身保険型学資保険のまとめ
  4. 4. 妊娠・出産のリスクへの備え~妊娠で保険の見直し~
  5. 5. 保険料負担の軽減~妊娠で保険の見直し~
  6. 妊娠で保険の見直しサービス・オススメ厳選2選!
    1. 保険の見直し・無料相談サービス「ガーデン」
      1. 生まれてくる子供の学資保険が中心ならこの「ガーデン」~妊娠で保険の見直し~
      2. 妊婦の医療保険が中心ならこの「ガーデン」~妊娠で保険の見直し~
      3. 妊娠をきっかけにライフステージ全般を見直すならこの「ガーデン」~妊娠で保険の見直し~
    2. 保険の見直し・無料相談サイト「ベビープラネット」
  7. 妊娠で保険の見直しサービスのまとめ
  8. 妊娠中に加入しておきたい保険~妊娠で保険の見直し~
    1. 医療保険《妊娠、出産のリスクへの保障》
      1. 主なリスクと費用
      2. 医療保険の選び方
        1. 1. 妊娠・出産に関わる保障内容
        2. 2. 入院給付金・手術給付金の日額
        3. 3. 女性特有の病気への保障
        4. 4. 保険料
        5. 5. その他
      3. 医療保険の比較
      4. 妊娠後の加入する医療保険のまとめ
    2. 生命保険《自分や配偶者に何かあった場合への保障》
      1. 生命保険を選ぶポイント
        1. 1. 必要保障額
        2. 2. 保険期間
        3. 3. 保険の種類
        4. 4. 保険料
        5. 5. その他
      2. 子育て世代におすすめの生命保険
      3. 子育て世代におすすめの生命保険のまとめ
    3. 学資保険《子どもの教育費の積み立て》
      1. 学資保険の仕組み
      2. 学資保険のメリット
      3. 学資保険のデメリット
      4. 学資保険を選ぶポイント
        1. 1. 必要資金
        2. 2. 保険期間
        3. 3. 保険料
        4. 4. 保障内容
        5. 5. 返戻率
        6. 6. 付帯サービス
        7. 学資保険のまとめ
  9. 妊娠で保険の見直~まとめ~

1. ライフスタイルの変化と保障内容の確認~妊娠で保険の見直し~

まず、現在加入している保険の保障内容が、妊娠・出産後の状況に対応しているかどうかを確認する必要があります。

特に以下の点に注意が必要です。

①医療保険~妊娠で保険の見直し~

  • 出産費用
    • 分娩方法(自然分娩・帝王切開)や入院日数、医療機関の種類によって費用が大きく異なるため、十分な保障額が確保されているか確認しましょう。
    • 高額療養費制度を活用することで、自己負担額を軽減できます。
  • 入院保障
    • 妊娠・出産に伴う入院は、一般の入院よりも長期間になる可能性があります。日額5,000円以上、できれば1万円以上の保障額が理想です。
    • ただ出産一時金(42万円)を活用することで、入院費のほとんどを賄うことができます。
  • 通院保障
    • 妊娠中は、妊婦健診以外にも、体調不良による通院が必要になる場合があります。妊娠・出産に特化した通院保障や、女性特有の病気への保障が充実しているか確認しましょう。
    • マタニティケア特約や女性疾病特約を検討しましょう。
  • その他
    • 出産育児一時金や育児手当金などの公的制度と合わせて、必要な保障額を検討しましょう。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

②生命保険~妊娠で保険の見直し~

  • 万が一の際に、残された家族が生活できるだけの保障額があるか
    • 妊娠・出産後の収入減少や、子どもの教育資金などを考慮して、必要保障額を算出しましょう。
    • 死亡保険金だけでなく、定期保険や収入保障保険なども検討しましょう。
  • 子どもの教育資金まで考慮した保障額になっているか
    • 子どもが大学卒業までに必要な教育資金を目安に、必要保障額を算出しましょう。
    • 学資保険と合わせて、必要な保障額を検討しましょう。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

③損害保険~妊娠で保険の見直し~

  • 出産後に加入できる損害保険があるか
    • 出産後に加入できる損害保険は限られているため、事前に確認しておきましょう。
    • 家族特約や出産特約などを検討しましょう。
  • 出産に伴うリスクをカバーできる特約があるか
    • 出産による入院や通院、新生児の医療費などを補償する特約があるか確認しましょう。
    • マタニティ特約や新生児特約などを検討しましょう。
\保険のプロが多数在籍/
妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

2. 収入減少・支出増加への対策~妊娠で保険の見直し~

出産後は、育児のために収入が減ったり、家計の支出が増えたりする可能性がありますね。

①収入減少への対策~妊娠で保険の見直し~

  • 妊娠・出産休暇中の収入保障制度を確認する
    • 会社や自治体の制度を確認し、どの程度の収入保障を受けられるか把握しましょう。
    • 雇用保険や出産育児一時金制度も活用しましょう。
  • 育児休暇制度を活用する
    • 育児休暇制度を活用することで、収入減少を抑制できます。
    • 育児休暇中の収入保障制度も確認しましょう。
  • 家計の見直しを行い、節約できる部分を見つける
    • 固定費や変動費を見直し、節約できる部分を見つけましょう。
    • 家計簿をつけ、支出を把握しましょう。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

②支出増加への対策~妊娠で保険の見直し~

  • 出産育児一時金や児童手当などの公的制度を活用する
    • 出産育児一時金や児童手当などの公的制度を活用することで、家計負担を軽減できます。
    • 出産育児一時金は42万円、児童手当は月額1万円~15,000円支給されます。
  • 家計簿をつけ、支出を把握する
    • 家計簿をつけ、支出を把握することで、無駄な支出を抑えることができます。
    • 家計管理アプリなどを活用しましょう。
  • 必要に応じて、保険の保障内容を見直す
    • 収入減少や支出増加に合わせて、保険の保障内容を見直す必要がある場合があります。
    • 不要な特約を外したり、保障内容を減らしたりすることで、保険料を節約できます。
\保険のプロが多数在籍/
妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

3. おすすめの学資保険~妊娠で保険の見直し~

さらに自分の子供には、親子とも納得のいく教育費をかけてあげたいものです。

そのための保険が、学資保険です

子どもの教育資金を確保するための保険になっています。

学資保険は大きく2種類あります。

「貯蓄型」学資保険~妊娠で保険の見直し~

貯蓄型学資保険は、将来のお子様の教育資金を準備するために加入する保険です。主な特徴は以下の通りです。

①毎月一定額の保険料を積み立て
②契約期間満了時に、保険金を受け取る
③祝い金として、お子様が一定の年齢に達した時点で保険金を受け取ることができる商品もある

貯蓄型学資保険は、以下のメリットがあります

■計画的に教育資金を準備できる
■保険料控除を受けられる
■元本保証がある商品もある

一方で、以下のデメリットもあります

■貯蓄性が高いため、保障内容は少ない
■運用益が期待できない商品もある

貯蓄型学資保険の選び方

貯蓄型学資保険を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

保障内容
祝い金など、必要な保障内容が含まれているか確認しましょう。
保険料
毎月の保険料を支払うことができるかを考慮しましょう。
満期保険金の利率
満期保険金の利率は、将来受け取れる保険金の額に影響します。
付帯サービス
学資支援サービスや医療保障など、付帯サービスが充実しているか確認しましょう。

貯蓄型学資保険の注意点

貯蓄型学資保険は、将来のお子様の教育資金を準備するための有効な手段ですが、以下の点に注意が必要です。

保険料の支払い
毎月の保険料を支払うことができない場合は、契約が解除されてしまう可能性があります。
満期保険金の運用
満期保険金を受け取った後は、ご自身で運用する必要があります。

貯蓄型学資保険のまとめ

貯蓄型学資保険は、計画的に教育資金を準備できる保険です。メリットとデメリットを理解した上で、ご自身に合った保険を選びましょう。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

「終身保険型」学資保険~妊娠で保険の見直し~

終身保険型学資保険は、将来のお子様の教育資金を準備するために加入する保険です。主な特徴は以下の通りです。

①死亡保障
・万が一、契約者が亡くなった場合、保険金を受け取ることができます。
②満期保険金
・契約期間満了時に、保険金を受け取ることができます。
③祝い金:
・中間保険金として、お子様が一定の年齢に達した時点で保険金を受け取ることができます。

終身保険型学資保険は、貯蓄型学資保険と比べて以下のようなメリットがあります

死亡保障がある
万が一、契約者が亡くなった場合でも、お子様の教育資金を保障することができます。
祝い金を受け取れる
中間保険金として、お子様が一定の年齢に達した時点で保険金を受け取ることができます。

一方で、以下のようなデメリットもあります

貯蓄型学資保険に比べて保険料が高い
死亡保障があるため、貯蓄型学資保険に比べて保険料が高くなります。
満期保険金の利率が低い
近年は、終身保険型学資保険の満期保険金の利率が低くなっています。

終身保険型学資保険の選び方

終身保険型学資保険を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

保障内容
死亡保障や祝い金など、必要な保障内容が含まれているか確認しましょう。
保険料
毎月の保険料を支払うことができるかを考慮しましょう。
満期保険金の利率
満期保険金の利率は、将来受け取れる保険金の額に影響します。
付帯サービス
学資支援サービスや医療保障など、付帯サービスが充実しているか確認しましょう。

終身保険型学資保険の注意点

終身保険型学資保険は、将来のお子様の教育資金を準備するための有効な手段ですが、以下の点に注意が必要です。

保険料の支払い
毎月の保険料を支払うことができない場合は、契約が解除されてしまう可能性があります。
満期保険金の運用
満期保険金を受け取った後は、ご自身で運用する必要があります。

終身保険型学資保険のまとめ

終身保険型学資保険は、死亡保障と教育資金準備を同時に実現できる保険です。メリットとデメリットを理解した上で、ご自身に合った保険を選びましょう。

\保険のプロが多数在籍/
妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

4. 妊娠・出産のリスクへの備え~妊娠で保険の見直し~

妊娠・出産には、様々なリスクが伴うことも考えておく必要があります。

妊娠高血圧症候群
生命保険や医療保険で保障される場合があります。
■早産
医療保険で入院保障を受け取れる場合があります。
流産・死産
生命保険や損害保険で保障される場合があります。
\保険のプロが多数在籍/

5. 保険料負担の軽減~妊娠で保険の見直し~

妊娠・出産を機に、保険料の負担が大きくなる可能性があり見直しが必要です。

見直す場合の観点としては、、、、

■不要な特約を外す
■保障内容を減らす
■保険会社を変更する
■家計の見直し
■節約できる部分を見つける
■収入を増やす方法を考える など
妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

以上お話してきましたが、このように妊娠にともなって保険の見直しをするには、あまりにも考えることが多すぎます。

私たち素人が、たくさんの保険商品を調べ上げて、自分たちのライフステージ合ったものを選び出し、それらの保険を組み合わせるなどという作業はほぼ無理です。

やはり保険の素人の私たちでは難しいのです。

ですから、専門的な知識をもった保険のプロに相談するのが一番です。

そこで私がオススメなのは、保険の見直し無料相談のサービスです。

経験豊富なファイナンシャルプランナーが、専門的な知識から以下のようなことをアドバイスします。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

■妊娠中でも加入できる、自分に一番合った医療保険について。
■出産後も、赤ちゃんの急な体調変化の場合、24時間365日看護師や医師に無料相談ができる医療保険について。
■たくさんある学資保険の中から、掛け金と満期から一番利率の高い商品について。
■国や自治体の妊娠、出産、子育ての公的な制度について。
など

もちろんリクエストすると、子育て経験のあるファイナンシャルプランナーが対応してくれます

すべて無料で相談できて、しつこい勧誘もないので安心です。

\保険のプロが多数在籍/
妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

妊娠で保険の見直しサービス・オススメ厳選2選!

妊娠で保険の見直したいときに、一番頼りになるのは、もちろん保険のプロ「ファイナンシャルプランナー」さん達です。

私は自宅のすぐ近くに「保険の窓口」があったので、そこのファイナンシャルプランナーさんに保険の見直しをお願いしてきました。

しかし最近は、ネットで申し込むとファイナンシャルプランナーさんが自分の自宅へ来てくれたり、近くの喫茶店店舗で無料相談に応じてくれる会社が増えています。

もしも対面での面談が不安だったり、都合がつかない場合はオンライン面談もしてくれます。

特に、このオンライン面談はたいへん便利です。オンライン面談のメリットは、、、

■ こちらの希望に沿って時間を決めることが出来る。
■ 納得がいくまで何度でも無料で相談できる。
■ オンラインなので、納得できなければ断りやすい。
■ 外に出かけないので、小さい子どもがいても安心。
■ コンピューターが1台あれば、全国どこでも対応。
とっても便利です!

そこで、友人のファイナンシャルプランナーとも相談して、オススメの会社を2社ご紹介します。参考にされてください。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

保険の見直し・無料相談サービス「ガーデン」

保険の無料相談「ガーデン」は、さまざまな角度から厳選されたファイナンシャルプランナーを派遣する総合的な保険の見直しサイトです。

「ガーデン」を運営している「株式会社Global8」では、「妊婦さんのための医療保険相談サービス」「ママのための学資保険の無料相談サービス」「ライフステージごとの保険とお金のプラニング無料サービス」など、さまざまなサービスを展開しています。

どのサービスを利用しても学資保険、医療保険、生命保険、公的な行政制度、資産運用、住宅ローン、相続関係、夫婦の老後資金などの幅広く熟知しているので、さまざまなアドバイスがもらえます。

また「ガーデン」さんは、数十社の保険会社を取り扱っているので、一社だけでは解決できないことも、複数を組み合わせることで、自分の希望にあったプランを作ってくれます

他社の保険の見直しサービスのセカンドオピニオンにも対応していたり、しつこい勧誘をしないことを会社としての方針にしているので安心できます。

何より無料相談なので、まず手軽に相談できる「オンライン面談」をお勧めします。

ご自分の保険の見直しで一番重要だと考えている切り口から、「ガーデン」にアクセスすると最も効率的です。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

生まれてくる子供の学資保険が中心ならこの「ガーデン」~妊娠で保険の見直し~

■ 世帯収入をもとに、かかる教育費や他のお金を見える化してアドバイスしてほしい。
■ 学資保険についてくわしく知りたい。
■ 子供の将来の教育費を中心に保険を見直したい。

こんな場合にオススメなのがこの「ガーデン」です。

もちろん、学資保険だけでなく、妊婦でも加入できる医療保険、生命保険等、人生のライフステージに寄りそった総合的なアドバイスもしてくれます。

\オススメNo.1保険のプロに相談/

オススメの学資保険の無料相談

【ほけんガーデン プレミア】

妊婦の医療保険が中心ならこの「ガーデン」~妊娠で保険の見直し~

■医療保険を万が一のおまもり代わりに安心して出産を迎えたい。
■出産にまつわる様々な不安を解消したい。
■なので、出産前後の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに相談したい。
こんな場合にオススメなのが次の「ガーデン」です。

こちらも、医療保険だけでなく、学資保険、生命保険等、人生のライフステージに寄りそった総合的なアドバイスもしてくれます。

\妊婦の医療保険ならこのガーデン/

オススメの医療保険の無料相談

妊婦さんのための医療保険

妊娠をきっかけにライフステージ全般を見直すならこの「ガーデン」~妊娠で保険の見直し~

■ 妊娠関係だけでなく、将来の人生設計を考えたい。
■ 子供の教育資金について相談したい。
■ 資産運用、住宅ローンについても考えたい。
■ 夫婦の老後の資金まで見据えて相談したい。

こんな場合ならこの「ガーデン」がオススメです。

\将来の人生設計まで考えるならこのガーデン/

オススメの保険の無料相談

ほけんガーデン

保険の見直し・無料相談サイト「ベビープラネット」

ベビープラネットは、妊娠・出産・育児のステージを中心にした無料相談サービスです。

特徴をまとめてみます。

■数十社の保険会社を取り扱っているので、一人一人に合った保険商品を見つけることが出来ます。
■日本全国、ご自宅・職場・店舗でいつでもどこでも相談可能です。保険のことが全くわからない方でも大丈夫。わかりやすく丁寧に説明してくれます。
■ただ残念ながら、オンライン面談には対応していません。

もちろん妊娠、出産、育児だけでなく、将来的の学資の相談もできます。

お守り代わりの医療保険として、さらにパパママの万一のために、また子供の将来への備えとして保険の見直しをするならベビープラネットです。

現在は「学資保険」の代わりに外貨の積立や投資信託で運用するなど様々な選択肢が増えました。

それをふまえて、ベビープラネットでは、それぞれの家庭に合ったプランを作成して学資の準備金のことまでアドバイスをしてくれます。

まずは、子供の妊娠、出産、育児、教育費までを中心に相談したいなら、専門ファイナンシャルプランナーがそろっているベビープラネットがおすすめです。

ベビープラネットの無料相談

保険無料相談サービス【ベビープラネット】

妊娠で保険の見直しサービスのまとめ

保険の素人の私たちだけで、妊娠、出産、育児にかかわる保険の見直しを適切に行うのは難しいです。

そこで今おすすめなのは、「保険の窓口」のような保険の無料相談サービスの利用です

専門のファイナンシャルプランナーさんが、わたしたちに一番合った保険を教えてくれます。

無料で強引な保険の勧誘もなく安心して相談できます。安心なマタニティーライフのためにも、ぜひ使ってみてくださいね。

妊娠、保険の見直し、妊婦、出産、育児、学資保険、教育資金、医療保険、損害保険、生命保険

オススメサービス 特 徴 リンク
学資保険の
「ガーデン」
■学資保険など子供の将来の教育費を中心に保険を見直したいなら 公式サイト
妊婦の医療保険の
「ガーデン」
■出産にまつわる色々な不安を解消したいなら 公式サイト
総合的な見直しの
「ガーデン」
■ライフステージ全般を見直したいなら 公式サイト
赤ちゃんへのお守り
「ベビープラネット」
■妊娠、出産、育児を中心に保険を見直したいなら 公式サイト

妊娠、出産、育児、教育費と保険の関係、いかかだったでしようか。

皆様のお役に立てましたら幸いです。

管理人のケイより

 

 

 

妊娠中に加入しておきたい保険~妊娠で保険の見直し~

妊娠、出産に関わるリスクは、ぜひ民間の保険で備えておく必要があります。

出産後も、赤ちゃんの子育てリスクや教育費などに備える必要もあります。

民間の保険への加入を検討してみることをオススメします。

医療保険《妊娠、出産のリスクへの保障》

妊娠・出産は、女性にとって大きな喜びであると同時に、様々なリスクを伴います。

主なリスクと費用

  • 切迫早産:入院が必要となり、高額な医療費がかかる可能性があります。
  • 妊娠高血圧症候群:重症化すると、母体や胎児の命に関わるリスクがあります。
  • 妊娠糖尿病:妊娠中に発症する糖尿病です。母体や胎児の健康に影響を与える可能性があります。
  • 流産:妊娠22週未満で胎児が死亡してしまうことです。
  • 早産:妊娠37週未満で出産してしまうことです。未熟児出産となり、新生児医療が必要になる可能性があります。
  • 胎児死亡:妊娠22週以降で胎児が死亡してしまうことです。

これらのリスクに備えるために、医療保険への加入がおすすめです。

医療保険の選び方

医療保険を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

1. 妊娠・出産に関わる保障内容
  • 妊娠・出産特約:妊娠・出産に関わる費用を保障する特約です。
  • マタニティ入院給付金:妊娠中の異常による入院を保障します。
  • 出産育児一時金:出産時に支給される一時金を補てんします。
  • 新生児医療保障:生まれたばかりの赤ちゃんを病気やケガから守ります。
2. 入院給付金・手術給付金の日額

妊娠・出産に伴う入院や手術は、高額な医療費がかかる可能性があります。

3. 女性特有の病気への保障

妊娠・出産以外にも、女性は様々な病気にかかる可能性があります。

  • 婦人科系の病気:子宮筋腫、卵巣腫瘍、乳がん
  • 女性特有のガン:子宮頸がん、卵巣がん、乳がん
4. 保険料

医療保険の保険料は、年齢性別保障内容によって異なります。

5. その他
  • 家族特約:家族も保険の対象にできる特約
  • 付帯サービス:妊娠・出産に関するサポートサービス

医療保険の比較

各社の医療保険を比較してみますね。

 

  • アフラック:マタニティプラス
  • メットライフ生命:女性向け医療保険Vitalityレディース
  • アイペット損害保険:マタニティプラン
  • 三井住友海上火災保険:mio(ミオ)
  • 明治安田生命:Vitalityレディース

以下が各社の保障内容の比較になります。

会社名 マタニティ入院給付金 出産育児一時金 新生児医療保障 女性特有の病気
アフラック 日額10,000円 5万円 50万円 あり
メットライフ生命 日額5,000円 3万円 30万円 あり
アイペット損害保険 日額10,000円 5万円 50万円 なし
三井住友海上火災保険 日額5,000円 3万円 30万円 あり
明治安田生命 日額5,000円 3万円 30万円 あり

各社の付帯サービスにも違いがあります。

会社名 付帯サービス
アフラック マタニティセミナー、マタニティヨガ、産後ケア
メットライフ生命 妊娠・出産サポートサービス、育児サポートサービス
アイペット損害保険 マタニティセミナー、育児セミナー
三井住友海上火災保険 マタニティセミナー、育児セミナー
明治安田生命 マタニティセミナー、育児セミナー

妊娠後の加入する医療保険のまとめ

妊娠・出産にかかる妊婦のリスクに備えるために、医療保険への加入がおすすめです。

医療保険を選ぶ際には、妊娠・出産に関わる保障内容、入院給付金・手術給付金の日額、女性特有の病気への保障、保険料などを比較検討しましょう。

また、育児セミナーなどの付帯サービスも充実しているものを選ぶと、妊娠・出産後も安心です。

生命保険《自分や配偶者に何かあった場合への保障》

子育て中に、ママやパパに万が一のことがあった場合、残された家族の生活は大きく変わってしまいます。

生命保険は、そのような万が一の際に、残された家族の生活を経済的に支えるためのものです。

生命保険を選ぶポイント

1. 必要保障額

必要な保障額は、以下の要素を考慮して算出します。

  • 残された家族の生活費
  • 教育費
  • 住宅ローンなどの借入金
  • 葬儀費用
2. 保険期間

保険期間は、お子様が成人するまでまたは住宅ローンなどの借入金を完済するまでなど、必要な期間を設定します。

3. 保険の種類

主な生命保険の種類は以下の通りです。

  • 定期保険:一定期間のみ死亡保障を受けられる保険
  • 終身保険:一生涯死亡保障を受けられる保険
  • 養老保険:死亡保障に加え、満期時に保険金を受け取れる保険
4. 保険料

保険料は、年齢性別保障内容によって異なります。

5. その他
  • 付帯サービス:妊娠・出産育児サポート、医療相談サービスなど
  • 割引制度:家族まとめて加入すると割引になる制度など

子育て世代におすすめの生命保険

  • 定期保険:保険料が比較的安価で、必要な保障額を低コストで確保できる
  • 逓減定期保険:年齢とともに死亡保障額が逓減していく保険で、保険料を抑えられる
  • 収入保障保険:万が一の際に、一定期間、収入を補てんしてくれる保険

子育て世代におすすめの生命保険のまとめ

子育て中にママやパパに万が一のことがあった場合に備えるために、生命保険への加入がおすすめです。

生命保険を選ぶ際には、必要保障額、保険期間、保険の種類、保険料などを比較検討したり、また、付帯サービスや割引制度なども考慮すると良いでしょう。

学資保険《子どもの教育費の積み立て》

子どもの教育費は、近年ますます高額化しています。

大学進学までにかかる費用は、公立大学で約2,500万円私立大学で約4,500万円と言われています。

学資保険は、将来の教育資金を計画的に準備するための保険です。

学資保険の仕組み

学資保険は、毎月一定額の保険料を支払い、将来まとまった保険金を受け取るものです。

保険金の受け取り方は、18歳22歳など、お子様が進学するタイミングに合わせて設定できます。

学資保険のメリット

  • 計画的に教育資金を準備できる
  • 万が一の際に、教育資金を確保できる
  • 税制優遇がある

学資保険のデメリット

  • 保険料の支払い義務がある
  • 他の貯蓄方法と比べて、利回りが低い

学資保険を選ぶポイント

1. 必要資金

将来必要となる教育資金を算出します。

2. 保険期間

お子様が進学するタイミングに合わせて設定します。

3. 保険料

無理なく払い続けられる保険料を選びます。

4. 保障内容

万が一の際に、教育資金を確保できる保障内容を選びます。

5. 返戻率

支払った保険料に対して、どれだけの保険金を受け取れるかを比較します。

6. 付帯サービス

進学サポートサービスなど、付帯サービスも充実しているものを選びます。

学資保険のまとめ

学資保険は、教育資金を計画的に準備するための有効な手段の一つです。

学資保険を選ぶ際には、必要資金、保険期間、保険料、保障内容、返戻率、付帯サービスなどを比較検討しましょう。

妊娠で保険の見直~まとめ~

妊娠中は、女性にとって身体的・精神的に大きな変化が起こる時期です。

それに伴い、保険の見直しが必要になる場合があります。

■ 妊娠中の保険の見直しが必要な理由

  • 妊娠・出産に伴うリスクへの備え
  • 出産後の生活の変化への備え
  • 保障内容の確認
  • 保険料の負担軽減

■妊娠・出産に伴うリスクへの備え

妊娠・出産には、以下のようなリスクがあります。

  • 切迫早産
  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠糖尿病
  • 流産
  • 早産
  • 胎児死亡

これらのリスクに備えるために、医療保険への加入や保障内容の充実がおすすめです。

■出産後の生活の変化への備え

出産後は、育児のために収入が減ったり、家計の支出が増えたりする可能性があります。

■収入保障保険家計保障保険への加入を検討することで、これらの変化に備えることができます。

■保障内容の確認

現在加入している保険の保障内容が、妊娠・出産後の状況に対応しているか確認しましょう。

  • 医療保険:妊娠・出産に関する費用が保障されているか
  • 生命保険:死亡保険金や家族保障の額が十分か
  • 損害保険:出産育児一時金や育児休暇中の収入保障

■保険料の負担軽減

妊娠・出産を機に、保険料の負担が大きくなる場合があります。

  • 保険の見直し:不要な特約を解約したり、他の保険会社に乗り換えたりすることで、保険料を抑えられる可能性があります。
  • 社会保障制度の活用:出産育児一時金や育児手当金などの社会保障制度を活用することで、経済的な負担を軽減できます。

どのように保険を見直していけばよいのかは、保険のプロに相談するのが一番です。

私がオススメなのは、「妊娠、出産、子育て中のママ」に特化した保険の見直し無料相談の会社です。

専門的な知識から、以下のようなことをアドバイスしてくれます。

■妊娠中でも加入できる、自分に一番合った医療保険について。
■出産後も、赤ちゃんの急な体調変化の場合、24時間365日看護師や医師に無料相談ができる医療保険について。
■たくさんある学資保険の中から、掛け金と満期から一番利率の高い商品について。
■国や自治体の妊娠、出産、子育ての公的な制度について。

もちろん、子育て経験のあるファイナンシャルプランナーが対応してくれるため安心です。

妊娠中に医療保険に新たに加入する場合、以下の点に注意が必要です。・妊娠中の病気やケガについては、一定期間(通常1年程度)補償対象外となる場合がある。・分娩に関しても補償対象外となる保険が多い。

・妊娠判明前に発症している病気でも、申告時に知らなかった場合は補償対象とならないことがある。

・健康状態告知の結果、加入を断られる可能性もある。

したがって、既に妊娠している状態での加入は難しい場合が多いです。早めに検討・申込をした方が望ましいでしょう。

もし現時点で加入できなかった場合は出産後に再度検討することをおすすめします。それまで国民健康保険などの公的医療保険を活用することが大切です。
はい、妊娠したら保険の見直しをする機会だと思います。

まず、出産や子育てにかかる費用を算出し、現在の保障だけで十分か確認することが大切です。出産一時金や医療保障がない場合は追加で加入を検討しましょう。

次に、子どもの将来の教育資金や両親の老後資金も考える必要があります。子どもが生まれることで定期的に貯蓄をしていく必要性が増すので、生命保険や積立型の保険を見直す良い機会だと思います。

さらに、子育て世代に多い軽微なケガや疾病に備え、親子共に入院保障がある保険の加入もおすすめです。

妊娠・出産・子育てと人生のステージが変化するタイミングで、リスクと保障ニーズを総合的に判断し、家族の安心できる生活設計を考えることが大切だと考えます。ご検討いただければと思います。
出産にかかる費用としては、おおよそ以下のようなものがあります。

・分娩費用: 総額3050万円程度
(自然分娩の場合は2030万円程度)

・退院時の新生児健診料: 5千円程度

・産後の骨盤矯正や母乳外来などの費用

・出産祝いや赤ちゃん用品の購入費

このうち、公的医療保険では分娩費用のうち自然分娩であれば70%程度が自己負担となります。残りの分娩費用や付随する費用は自己負担となるため、出産一時金のある保険を利用することができます。

具体的には、生命保険の特約や女性疾病保険の出産保障、家族医療保険などから出産一時金を請求できます。ご加入の保険証書で保障内容をご確認ください。基本的には全額給付の場合と、実費の一定割合を補償する場合があります。
妊娠を機に保険を見直すべき主な理由は以下の通りです。

1出産や子育てに伴う新たなリスクへの対応
出産費用の補償がない場合、追加で出産給付金のある保険への加入が必要です。また子どもの病気やケガの治療費も考慮する必要が出てきます。

2収入減に備えた生活保障の拡充
妊娠・出産・子育てで正規雇用を断念する方も多く、家計の中核を担う主な収入が失われた場合のリスクに対処が必要です。

3教育資金準備や老後資金の再計画
将来の教育費や老後生活費の計画にも影響が出るため、貯蓄性のある保険を中心に見直しが必要です。

4税制適格の拡充(夫婦合算適用など)
配偶者控除・配偶者特別控除の適用拡大など、税務面でのメリットを見逃さない様にすることも大切です。
妊娠・出産の際に知っておきたい公的制度と保険のポイントを以下にまとめました。

【公的制度】
1妊娠届: 妊娠判明後できるだけ早く届け出て健診を受けましょう
2出産育児一時金: 国民健康保険加入者は42万円支給されます
3出産休暇: 原則6週間以上取得できますが手続きは会社に確認を

【保険の見直しポイント】
1出産一時金保険: 分娩費用の自己負担分を補うのに有効です
2子ども医療保険: 子どもの病気の治療費用がかさむリスクに備えて
3収入保障保険: 本人や配偶者の障害による失職リスクに対応できるか
4教育資金保険: 子どもの将来の教育費をどう賄うか検討を

以上が主なポイントです。ご不明な点があれば遠慮なく相談ください。
妊娠した女性が、家族のことを考えたときに感じる保険の悩みには主に以下の点があると思います。

・出産費用の自己負担が大きいこと
・退院後の子育て費用への不安
・女性自身のケガや病気に備える保障が足りないこと
・夫の収入減に伴う生活費への不安
・子どもの将来の教育費や老後資金への不安

特に専業主婦の方は前の職を退職することが多く、夫の収入だけで家計を維持するリスクが高まります。そのため、出産前に家族全員の保障を見直し、退院後の子育て生活や老後まで安心できるようにしておくことが大切です。

各ライフステージの保険ニーズを整理した上で、生活設計との兼ね合いを考慮しながら保障内容を判断していくことをおすすめします。ご不明な点はぜひご相談ください。