海外ドラマ・まほうのレシピで英語・第8回スパイスを取り戻せ!

スポンサーリンク
海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)
スポンサーリンク

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】英語力をアップしよう!

海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができるようになります。難しい単語、文法も一切なし。ひたすらこれに絞って、聞き取れるようになるまでリスニング!登場人物になったつもりでシャドーイング!

人気の海外ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。

ジャストアドマジックは、アマゾンのプライムビデオで無料で見れますので、ネイティブ級の語学力を身につけてみませんか。

海外ドラマをAmazonプライムで見る!特典10と年会費などをやさしく解説
「Amazonプライムへの入会」を迷っている方に、気になる会費や10の特典、登録時に注意することなどを分かりやすくお伝えします。 入会した後、がっかりしないように「お得なこと」だけでなく「残念なこと」も...

1回目に戻りたいならこちらの記事です。

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】scriptで英会話・英語教材第1回
この記事は、海外人気ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。 みるみる英語力が上がる具体的な方法を、わかりやすく説明しています。この記事では、すべてのセリフだけでなく、難しめの単語や熟語の意味、文法から読み上げ音声までつけて説明しています。ただ記事を読むだけでストレスなく、聞く力、話す力、英語の自然な表現力がみるみる身につくはずです。

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語⑮スパイスを取り返すための相談

■未来の3人組が、いよいよ過去の3人組がいる店に入ります。

Look at Mama P.
『ママPを見て。』

Remember how everyone loved her?
『みんながどれだけ彼女を好きだだったか覚えてる?』

I could see through her act now.
『今だったら私、彼女の行動を見抜けるのになあ(妄想中)。』

could (できると妄想中!)
see through【句動】
①~を通して見る、~を見通す、~を透かして見る、透けて見える、透視する
②本質を見抜く、正体を見破る

She's so phony.
『彼女は、たしかにいんちきよ。』

phony
【形容詞】偽の、偽りの、いんちきな、でっち上げの
【類】fake
【名詞】
偽物、まがい物、いんちき、ペテン師、まやかし
【発音】fóuni

I bet those free samples she's handing out are magical.
『ここでの彼女が配っている無料のお菓子は、魔法に違いないわ。』

I bet~【成句】
「~に賭けるほど自信がある」が転じて「きっと~に違いない」という意味。
hand out~ 【成句】
「~を配る」

to get people to buy things in her shop.
『彼女の店でモノを買わせるための人々を得るために』

Still, they look good.
『まだ、それっておいしそう。』

No, Darbie.
『ダメ、ダービー』

Guys, it's Jake.
『みんな、ジェイクよ。』

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語⑯ジェイクの登場

Uh, hi. Welcome to Mama P's, and happy Halloween.
『こんにちは、ようこそママPの店へ。そしてハッピーハロウィン』

Would you care for a mini burrito? I made them myself.
『ミニブリトーは、いかがでしょうか?自分で作ったんだけど。』

would you care for~
【成句】~はいかがでしょうか?(とても丁寧な表現)

It's Jake's first time cooking at the shop.
『それって、このお店でジェイクが最初に作った料理なのよ。』

Thank you, Mama P. And thanks for the opportunity.
『ありがとう、ママP。そして、そのチャンスをくれたことにもありがとう。』

Nonsense. Thank you.
『何をばかげたことを。お礼を言うのは私よ、ありがとう。』

nonsense
【名詞、間投詞】無意味なこと、ばかげたこと、つまらないこと

Just remember me when you're a famous chef.
『しっかり私を覚えておいてね。あなたが有名なシェフになっても。』

just
【副詞】ネイティブは、とにかく just をよく使います。
・ぴったり、きっちり
・今しがた、ちょうど今
・ちょっと、たった~だけ
・単に、ただ

Mm, I could eat your Jakeritos for breakfast, lunch, and dinner.
『むー、私なら朝食でもお昼でも夕食でも、あなたのジェイクリトウ(ブリトウをもじった名)を食べることができるかな。』

- Jake what-os?
『ジェイク 何os?』

- She means...they're amazing.
『彼女が言いたかったのは、とっても美味しいってこと。』

Jakeritos.I like the sound of that.
『ジェイクリトウ。そのひびき、気に入った。』

Sorry, guys. This past-present stuff is confusing.
『ごめん、みんな。この過去に存在してたモノが、ややこしくしてる。』

It's about to get more confusing. Look. Come on.
『もうすぐもっとややこしくなる。見て!来て!』

be about to~
【成句】「まさに〜しようとしている」「〜するところだ」
It's about to~
【成句】「もうすぐ~する。」

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語⑰6カ月前の自分たち

This is creeping me out.
『これって気味が悪いわ。』

creep me out
【成句】気味が悪い、ひどくゾッとさせる

I know, look how young we looked.
『わかるわ、見て、あんなに若く見えてたんだ。』

how young we looked
[How+(形容詞/副詞)+S+V.]の形の驚き表現(感嘆文)です。
look
【自動】ここでは「目を向ける、見る」でなく、「~のように見える」の意味。

It was six months ago.
『6ヶ月前よ。』

Yeah, but pre-magic Darbie was much more innocent.
『ええ、でも魔法を知る前のダービーは、もっと純真だった。』

The bumblebee costume wasn't as bad as I thought.
『このバンブルビーのコスチュームは、私が思ってたほど悪くなかったわ。』

Okay, we need to get into the spice cabinet, get the grunde root, and get out of here.
『私たちは、スパイスの貯蔵庫に入って、グルンデ・ルートを取って、ここを出る必要がある。』

get into
【成句】~(の中)に入る、に乗り込む、~に到着する、~につく、~に当選してに入る、~を身に着ける、着る、はく、~になる

How are we gonna get into the cabinet?
『どうやって貯蔵庫の中に入るの?』

I mean, this place is packed. Look.
『私が言っているのは、この場所は込みすぎてる。見て!』

Charlotte.
『シャーロット』

Great. That's all we need. Charlotte.
『喜んで!シャーロットが来た。』

That's all we(I) need.
【成句】That=all we(I) need となっているので、何かを指して「それだけあれば十分」「必要なのはそれだけ」という意味。この場面では、うんざり感が入っていますね。

※ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】第9回目へ

海外ドラマ・まほうのレシピで英語・第9回意地悪シャーロット
ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で海外ドラマを大活用! 海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができる...