海外ドラマ・まほうのレシピで英語・第4回オードブルづくり

スポンサーリンク
海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)
スポンサーリンク

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で語学留学!

海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができるようになります。難しい単語、文法も一切なし。ひたすらこれに絞って、聞き取れるようになるまでリスニング!登場人物になったつもりでシャドーイング!

人気の海外ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。

ジャストアドマジックは、アマゾンのプライムビデオで無料で見れますので、ネイティブ級の語学力を身につけてみませんか。

海外ドラマをAmazonプライムで見る!特典10と年会費などをやさしく解説
「Amazonプライムへの入会」を迷っている方に、気になる会費や10の特典、登録時に注意することなどを分かりやすくお伝えします。 入会した後、がっかりしないように「お得なこと」だけでなく「残念なこと」も...

1回目に戻りたいならこちらの記事です。

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】scriptで英会話・英語教材第1回
この記事は、海外人気ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。 みるみる英語力が上がる具体的な方法を、わかりやすく説明しています。この記事では、すべてのセリフだけでなく、難しめの単語や熟語の意味、文法から読み上げ音声までつけて説明しています。ただ記事を読むだけでストレスなく、聞く力、話す力、英語の自然な表現力がみるみる身につくはずです。

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語⑥オードブル作り

What took so long?
『おそいよ。』

What took so long?
決まり文句ですね。「何がそんなに長く取ったの?」=「おそいよ!」

Darbie walks slow.
『ダービーはいつもゆっくり歩くの。』

What's the big news?
『ビッグニュースって何?』

I found a spell.
『呪文を発見したの。』

I was flipping through the book, and it landed on this.
『ページをめくっていたら、これを見つけたの。』

flip through~
【句動詞】~をパラパラめくる、テレビのチャンネルなどを素早く変える
land on~
【句動詞】~に着陸する、~に上陸する

"Pick-A-Date Dates."
『日にちを選んで、デーツ。』

First of all, I don't eat dates.
『まず最初に、私はデーツを食べない。』

You can make an exception.
『例外を作ることができる。』

This will allow us to go back in time.
『これは、いつか私たちが過去に戻ることを許すのよ。』

in time
【成句】いつか、時間内に、調子を合わせて

Pick a date. We can go back to Halloween and get the grunde finger root from Miss Silvers' garden.
『日にちを選んで。私たちはハロウィンに戻ることができる。そしてグランデ・フィンガールートをシルバースさんの庭から採るのよ。』

助動詞のcan
本質は「~できる」というより「ありうる(いつでも起こる可能あり)」、疑問文なら「ありうるだろうか」否定文なら「あり得ない」

And then we can come back and make the Miso Person's Soup, and find Chuck.
『そして、また戻ってきて、みそパーソンズスープを作り、チャックを見つけることができる。』

Okay.Best spell ever. But if we're going back in time, I say we go see dinosaurs.
『わかったわ、最高の呪文ね。でももし時間をさかのぼるなら、恐竜を見に行く。』

How will that help us get the grunde finger root?
『それって、どうやって私たちがグランデ・フィンガールートを採るのを助けてくれるの。』

Maybe they had Halloween in dinosaur times?
『たぶん、恐竜時代にもハロウィンってあるよね?』

Well, maybe they did, but Miss Silvers wasn't around in dinosaur times.
『ああ、たぶんあったとしても、シルバースさんが恐竜時代にはいないわ。』

Let's just go back to last year.
『昨年にもどりましょう。』

Last year?
『去年?』

Oh, that was a bad Halloween.
『オー、あれは最悪だった。』

Yeah, I didn't like my costume.
『そうね、衣装が好きじゃなかった。』

And somebody pushed me into the jelly bean display at Mama P's,
『そして、ママPの店で誰かが私をジェリービーンズのビン押した。』

which was totally embarrassing.
『それは、すごく恥ずかしかった。』

totally
【副詞】すっごく、とても、本当に
embarrass
【他動】(他の面前で人に)恥ずかしい思いをさせる、ろうばいさせる
【発】εmbǽrəs

I know, and Hannah went home sick,
『わかってるわ。そして、ハンナは調子が悪くて家に帰った。』

Hannah went home sick.
Hannah went home. で完結した文です。英語では、完結した文に「形容詞」を付ける用法があります。Hannah went home.「家に行った」⇒Hannah went home sick.「病気で家に行った」
(例1
)I went to bed.「ベッドに行った」⇒I went to bed hungry.「腹をすかせてベッドに行った」
(例2)He came home.「家に帰った」⇒He came home drunk.「酔っぱらって家に帰った」

but at least we know what to expect.
『でも少なくとも、私たちは何を信じるべきか知ってる。』

wh語 to do が作る名詞句
what to do 何をすべきか
②when to do いつすべきか
③where to do どこにすべきか
④who to do 誰がすべきか
⑤whom to do 誰にすべきか
⑥which to do どちらをすべきか
⑦how to do どのようにすべきか(だから「~の仕方」と訳わけです)
※why にこの用法はありません。

This whole thing just feels dangerous.
『これっ全部、だた危険に感じるんだけど。』

the whole thing
【成句】全部
just
【副詞】いろいろな意味をもっていますね。
・ぴったり、きっちり
・今しがた、ちょうど今
・ちょっと、たった~だけ
・単に、ただ

(It's)Not as dangerous as having Chuck running around.
『チャックが動き回るより危険じゃない。』

●not as A as B
【成句】BほどAじゃない。
【例文】Money is not as important as health. ( お金は健康ほど重要ではない)
【例文】He is not as dangerous as he seems.(彼は見た目ほど危険じゃない)

I really don't think we should do this.
『私は、本当に考えないわ。これをすべきだなんて。』

Well, what about your grandma? What did she say?
『あなたのおばあちゃんについては?何て言ったの?』

「what about~」と「how about~」をネイティブはしっかり使い分けてます! 
① what about ~(名詞): 会話中、相手の会話内容への注意喚起のニュアンス。
「~はどうするのか」「~はどうなってるの」ぐらいの強いニュアンスになります。
② how about~(名詞、動名詞): 意見を求められた場合の提案、誘いのニュアンス。
「~はどうですか」「~するのはどうですか」
③ how/what about you. 自分の考えを述べた上で「あなたはどうですか?」と相手の考えを聞く場合の定番表現ですね。 この場合は、how でも what でも、ニュアンスは同じです。

I, um--I didn't tell her.
『私は、、言ってない。』

She just got back to normal and has enough stress worrying about Chuck.
『彼女はただ呪いが解けて、チャックの心配でたくさんのストレスがある。』

省略あります!
worry about~(常に~について心配している)ですが、誰が心配してるかといえば当然「おばあちゃん」です。ですから省略しないで書くと、She just got back -----stress, because she worries about Chuck, くらいでしょうか。まるで分詞構文ですね。

Okay, you're right. It's up to us.
『わかったわ。あなたは正しいわ。私たちの責任だ。』

be up to~
【成句】「~次第だ」と訳されることが多いですが、正確には「~の責任だ」「~の義務だ」が正しい意味です。

I agree.
『そうだね。』

But I still think seeing dinosaurs would be cooler.
『ただ、恐竜を見るのって、かっこいいだろうなってまだ考えてるんだけど。』

Okay, I-- I think we have everything, but there isn't a riddle.
『わかったわ。私たちは全部持ってるんだけど、謎がないの。』

But the riddle's my favorite part.
『その謎が、私の一番好きなところなのに。』

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語⑦ドイツ語の走り書き

Wait, what's this?
『待って、これ何?』

It's just a bunch ofnotes scribbled in German.
『単なるたくさんのドイツ語の走り書きされたメモ?』

a bunch of~
【成句】(= a lot of~)たくさんの~
scribble
【動】走り書きする、落書きする【発】skríbl

Here, I'll run it through my translator app.
『ここ、翻訳アプリを使うわ。』

I think this is the riddle, guys.
『これが、その謎よ。みんな。』

"Back in time you go, date any you pick.
『過去の1日を選びなさい。』

"Half to go, half to come back.
『半分で行き、半分で戻る。』

"One-way ticket this is.
『これは片道切符』

"Nine more chances you have."
『チャンスは9回』

Yes.
『ええ』

That doesn't rhyme.
『韻は?』

It's the free version.
『韻をふまない版』

■レシピ通りにオードブルを作ります。出来上がって、、、、

※ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】次回の第5回へ

海外ドラマ・まほうのレシピで英語・第5回去年のハロウィンへ
海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で楽しい英語学習! 海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができる...