海外ドラマ・まほうのレシピで英語・第2回おばあちゃんの心配

スポンサーリンク
海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)
スポンサーリンク

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で英会話!

just add magic script

海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。難しい単語、文法も一切なし。ひたすらこれに絞って、聞き取れるようになるまでリスニング!登場人物になったつもりでシャドーイングしてみましょう。

人気の海外ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。

ジャストアドマジックは、アマゾンのプライムビデオで無料で見れますので、ネイティブ級の語学力を身につけてみませんか。

海外ドラマをAmazonプライムで見る!特典10と年会費などをやさしく解説
「Amazonプライムへの入会」を迷っている方に、気になる会費や10の特典、登録時に注意することなどを分かりやすくお伝えします。 入会した後、がっかりしないように「お得なこと」だけでなく「残念なこと」も...

1回目に戻りたいならこちらの記事です。

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】scriptで英会話・英語教材第1回
この記事は、海外人気ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。 みるみる英語力が上がる具体的な方法を、わかりやすく説明しています。この記事では、すべてのセリフだけでなく、難しめの単語や熟語の意味、文法から読み上げ音声までつけて説明しています。ただ記事を読むだけでストレスなく、聞く力、話す力、英語の自然な表現力がみるみる身につくはずです。

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語②おばあちゃんの心配

本編スタート:ケリーが家族とおやつを食べています。

Kelly, you haven't touched your cake.
『ケリー、ケーキ食べないの?』

have 過去分詞(現在完了形)
過去のあるところから始まって、その結果現在こんな状態だよ」といういわゆる「経験値」を表現するのが現在完了形ですね。日本語にはない表現です。直訳すると、「ケリー、あなた、ずっと自分のケーキにふれてないわよ」となります。過去のことが現在につながっているイメージが現在完了です。

【参考】現在完了形については、こちらの記事でくわしく解説しています。

【英語文法2・完了形】完了形とは?現在過去未来につながる完了形とは?
書店に溢れる、どんな文法書よりもわかりやすい文法解説を目指すシリーズの2回目は完了形です。完了形は日本語にない表現なので、日本語では考えずに「過去から~現在~未来へつながる時間軸」のイメージで完了形を考えることが使いこなす第一歩です!

There was a lot of...cake at the pluot festival.
『たくさんケーキがあった、プルオット祭りで。』

● There is(are)~は、新情報を紹介するときに使う文です。ですから「a」が使われます。

It's delicious.
『おいしいのに』

Well, you can thank your dad.
『お礼はパパに言って。』

He's the one who picked it up from the grocery store.
『父さんが、食料品店から買ってきたんだから。』

the one
【イメージ】みんなが共通認識している人や物を表すことば。直訳すると「お父さんこそが、正にケーキを買ってきたその人だ」。こんな表現の仕方をするんですね。これもネイティブはよく使います。このドラマでもくり返し出てきます。

I got it from the fancy section.
『ゴージャスなケーキが置いてある売り場から買ってきたんだ。』

●fancy
【ニュアンス】和製英語のファンシー(女子らしい可愛らしいデザイン)とは意味が違います。装飾が多い「派手な」「手の込んだ」「おしゃれな」「ゴージャスな」といったニュアンスですね。例えば、日本語の「デコレーションケーキ」はいろいろな装飾がほどこされているので、英語では “fancy cake”(又は “party cake”)と言われます。

Another piece, Mom? Mom, answer me. Are-- are you--
『おかわりは?母さん、母さん、どうしたの?』

anotherやother(他のもの)の使い方
①another=an otherと考えれば簡単です。
②あとは、the otherを「残り全部」と覚えるだけです。
(例1)one⇒○ ○⇐the other(残り全部)
(例2)one⇒○ ○⇐another  ○⇐another ○⇐the other(これを最後に1カウントなら)
(例3)some⇒○○○ ○⇐another  ○○⇐others ○○⇐the others(これを最後に複数カウントなら)

I'm fine, Scott.
『私は大丈夫よ、スコット。』

I am fine.
【現在形】現在形の本当の意味は、過去、現在、未来形です。ですから直訳すると「昨日も今日も明日もずっと私は元気よ」となります。

You didn't answer me. I thought you were--
『答えてくれなかったから、母さんは、、、』

I was taking a sip of water.
『私は、お水を一口飲んでいたのよ。』

a sip of ~
【成句】ひとすすりの~
あるある

I'm sorry, it's just--I'm still so shocked.
『ごめん、ただ、まだショックを受けてるんだ。』

How do we know you're back for good?
『どうやって知ればいいんだい、この先もずっと元気だと。』

●for good
【成句】ずっと、永久に(=forever)

I am. Trust me.
『私は大丈夫、私を信じて。』

 

Can we have cake every day now?
『僕たち、これから毎日ケーキを食べることができる?』

now
【副詞】「今、現在、たった今、直ちに、すぐに、さっさと」といった意味だけでなく「これから」といった意味や、話を切り出すときに文頭に置いて「ところで」といった意味もあります。
【接続詞】「今度こそは」という意味もあります。

Mm, I don't know about that, but how about a game of Monopoly?
『う~ん、それはどうかな、でもモノポリーはどう?』

I don't know about that
【表現】直訳だと「私は、それについては知らない」ですが、これでは正しいニュアンスではありません。正しくは、「あなたの意見に100%同意しているわけじゃない、乗り気になっているわけじゃない」という意味で、日本語にすると「それはどうだろう?」「それはちょっとなぁ」くらいのニュアンスです。

I'm the shoe.
『僕は、あの長靴の駒。』

Oh, you're gonna have to play without me.
『あなたたちは、私なしで楽しんで。』

be gonna (= be going to)
【口語】説明の必要もないと思いますが、 be going to 動詞原形 の省略形になります。上品な表現ではないので、使う場所に気をつけましょう。参考までに例えば、I'm going to~ をネイティブが早口でいうとかなり音が脱落して「アイムグント(グに強勢)」と聞こえます。

Why? Are you feeling sick?
『なぜ?調子でも悪いの?』

Everything's fine. In fact, it's just perfect.
『すべて順調よ。実際、まさに最高の気分よ。』

I just want to get some sleep.
『ただ、そろそろ休みたいだけ。』

get some sleep
【成句】ちょっと眠る、少し眠る、一休みする

So, thank you for the party.
『それじゃあ、今夜のパーティーにありがとう。』

Thank you for 名詞句(名詞 or 動名詞)
これは、感謝を伝えるときに使える表現です。
①来てくれてありがとう。⇒ Thank you for your coming.
②あなたの親切ありがとう。⇒ Thank you for your kindness.など

Tomorrow, I'll whup all of you in Monopoly, and I get to be the shoe.
『明日、モノポリーでみんなをやっつけるわ。そして、あの長靴になるわ。』

whup【アメリカ南部方言】
(動詞)〔人を〕打ちのめす
(発音)wʌp
get to be~【成句】
名詞を補語にして、「~になる」

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語③ケリーの心配

Grandma. What are we gonna do about Chuck?
『おばあちゃん、私たち、チャックについて何をすればいいの?』

Don't worry about it. We'll figure it out tomorrow.
『それは心配しないで。明日分かるから。』

But you said if Chuck's back, then no one's safe.
『でもおばあちゃんは、もしチャックが戻ったら危険だと言った。』

 

I just overreacted.
『私は、ただ大げさに言ったの。』

Let's just get some sleep tonight.
『今夜は、ただ眠りましょう。』

just
【副詞】いろいろな意味をもっていますね。単に直後の単語の強調でしたね
・ぴったり、きっちり
・今しがた、ちょうど今
・ちょっと、たった~だけ
・単に、ただ(←今回はこちらですね。)
get some sleep
【成句】ちょっと眠る、少し眠る、一休みする

■心配になったおばあちゃんが、夜にチャックを探しに家を出ました。なんとチャックが夜の公園を歩いているのを見てしまいます。

※ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】次回の第3回へ

海外ドラマ・まほうのレシピで英語・第3回チャックの出現
海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】でネイティブ英語を! 海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができ...