海外ドラマ【just add magic】で英話・第2話④夢の知らせ

スポンサーリンク
海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)
スポンサーリンク

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で英語がみるみる出てくる

海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができるようになります。難しい単語、文法も一切なし。ひたすらこれに絞って、聞き取れるようになるまでリスニング!登場人物になったつもりでシャドーイングしてみましょう!

人気の海外ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。

ジャスト・アド・マジックを使った、具体的な英会話の学習方法については、こちらの記事をご覧下さい。

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】scriptで英会話・英語教材第1回
この記事は、海外人気ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。 みるみる英語力が上がる具体的な方法を、わかりやすく説明しています。この記事では、すべてのセリフだけでなく、難しめの単語や熟語の意味、文法から読み上げ音声までつけて説明しています。ただ記事を読むだけでストレスなく、聞く力、話す力、英語の自然な表現力がみるみる身につくはずです。

ジャスト・アド・マジックは、アマゾンのプライムビデオで無料で見れますので、ネイティブ級の語学力を身につけてみませんか。

海外ドラマをAmazonプライムで見る!特典10と年会費などをやさしく解説
「Amazonプライムへの入会」を迷っている方に、気になる会費や10の特典、登録時に注意することなどを分かりやすくお伝えします。 入会した後、がっかりしないように「お得なこと」だけでなく「残念なこと」も...

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語・ママPの店で

■場面がママPの店に戻って。

Mama P miserable?She probably isn't.
『ママPがみじめ?彼女はたぶん違う。』

Which is good for me
『どっちが俺にとっていいんだろう』

'cause I get to use her kitchen while she's gone.
『彼女がいない間、キッチンを使うことができるから。』

get to 動詞
【熟語】(~する機会を)得る、(~する機会を与えられ)できる

We're going to need six Jakeritos. We're having a sleepover.
『私たち、6個のジェイクリトーが必要だわ。私たち、お泊まり会の予定なの。』

First "Earls of Wembly" binge-watching marathon of summer, here we come.
『最初の夏のウエンブリー伯爵をぶっ続けで見るマラソン、いよいよだね。』

● Earl
【名詞】伯爵【発音】ˈɚːl
● binge
【名詞・動詞】【口語】どんちゃん騒ぎ(をする)
【発音】bíndʒ
● binge-watching
【名詞】最近の新語。テレビドラマなどのシリーズにはまって見るのを止められなくなり、最後まで見続ける視聴方法のこと。binge-viewing でも同じ意味になります。
● here we come(=here we are)
【表現】喜びの表現です。①ようやく着きましたよ!②とうとう手に入った!
◆ here we go
【表現】(何かの準備が整って)さあ行くぞ、ようやくたどり着いた

We're staying up all night.
『私たち、夜通し起きているかもよ。』

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語・夢の知らせ知らせ

■3人の夢の中で、本に火がついて音を立てて燃え上がります。森の中で旅人が話しかけてきます。

You are the protectors of the book. It is in danger. You must protect the book.
『あなたは、あの本を守る人。あの本が危ない。あなたは、あの本を守らなければならない。』

■あえぎ声を上げながら3人が目覚めます。

Oh, I just had the weirdest dream.
『オー、私まさに凄く変な夢見ちゃった。』

weird
【形容詞】①超自然的な、神秘的な、不気味な②奇妙な、変わった

Me, too. The traveler appeared and said the--
『私もよ。旅人が現れて言った、、、』

The book is in danger.
『本が危ないって。』

Okay, that's creepy.
『いやだ、それって気味が悪い。』

creepy
【形容詞】(恐怖や不安を伴う)不快な気分にさせる、(雰囲気が)気味悪い、身の毛もよだつような

How could we all have the same dream?
『どうやったら私たち同じ夢をみることができるの?』

I don't want to know.
『知りたくもない。』

We need to check the book.
『私たち、あの本を調べる必要があるわ。』

■3人は、屋根裏部屋に急いで行きました。

It's safe.
『安全だわ。』

The traveler didn't tell us what we're supposed to do.
『あの旅人は、私たちが何をすべきか言わなかった。』

● be supposed to 動詞
【句動詞】~することになっている、~するはずだ

Maybe if we go back to sleep, we can finish the dream.
『たぶん、もしもう一度眠れば、夢を全部見ることができるかも。』

● go back to ~
【句動詞】~に戻る

If we're sharing dreams, I'm never sleeping again.
『もし、私たちが同じ夢を見るんだったら、私は絶対に寝ない。』

It wasn't just a dream. She was talking to us.
『あれは、ただの夢じゃなかった。彼女は、私たちに伝えようとしていた。』

※次の、シーズン2・第2話⑤は、こちらの記事です。

海外ドラマ【just add magic】で英話・第2話⑤ジャックが町にいる?
海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で英語フレーズをどんどん吸収 海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会...