海外ドラマ【just add magic】で英話・第2話③フランスのママP

スポンサーリンク
海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)
スポンサーリンク

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で英語のリンキングを学びましょう

海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができるようになります。難しい単語、文法も一切なし。ひたすらこれに絞って、聞き取れるようになるまでリスニング!登場人物になったつもりでシャドーイングしてみましょう!

人気の海外ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。

ジャスト・アド・マジックを使った、具体的な英会話の学習方法については、こちらの記事をご覧下さい。

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】scriptで英会話・英語教材第1回
この記事は、海外人気ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。 みるみる英語力が上がる具体的な方法を、わかりやすく説明しています。この記事では、すべてのセリフだけでなく、難しめの単語や熟語の意味、文法から読み上げ音声までつけて説明しています。ただ記事を読むだけでストレスなく、聞く力、話す力、英語の自然な表現力がみるみる身につくはずです。

ジャスト・アド・マジックは、アマゾンのプライムビデオで無料で見れますので、ネイティブ級の語学力を身につけてみませんか。

海外ドラマをAmazonプライムで見る!特典10と年会費などをやさしく解説
「Amazonプライムへの入会」を迷っている方に、気になる会費や10の特典、登録時に注意することなどを分かりやすくお伝えします。 入会した後、がっかりしないように「お得なこと」だけでなく「残念なこと」も...

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語・フランスにいるママP

New York. Puerto Rico. The Bahamas?  London?
『ニューヨーク、プエルトリコ、バハマ、ロンドン?』

Wherever she is, I hope she's miserable.
『彼女がどこに居ようと、願わくば、彼女がイヤな目にあってほしい。』

Bonjour, people.
『こんにちは(フランス語)、みなさん。』

Another fabulous day in Paris.
『パリでの新しい素晴らしい日よ。』

Another fabulous day
【表現】直訳すると「別の素晴らし日」ですが意味不明ですね。「今までと違った素晴らしき日」 =「今日は何て素敵な日」くらいの意味です。何かがあって新しく生まれ変わり「今日という日に感謝している」ニュアンスです。

That Tour Eiffel is something.
『エッフェル塔には、興味をそそる何かがあるわ。』

something
【代名詞】【口語表現】<話・考え・提案などについて>興味深い何か、重要な点、いくばくかの真実<人・場所について>興味をそそる何か

Finally, I can take a break.
『ついに、休みがとれる。』

Jacques, a break?
『ジャック、休み?』

My assistant Jake in America never took breaks.
『アメリカにいる私のアシスタントのジェイクは、決して休みをとらないわ。』

Under Madame Rochet, I would get 20-minute breaks every hour.
『マダム・ロチェットの下なら、1時間おきに20分休めるのに。』

Because she had no customers.
『なぜなら、客がいなかったからよ。』

Oh, if I can teach you anything, Jacques, it's that hard work and perseverance always pay off.
『オー、もし私があなたに何か教えることができれば、ジャック、それは、努力と忍耐はいつも報われるってこと。』

Hard work pays off.
【表現】「努力は報われる」は定番表現です。
pay off
【熟語】①(一生懸命頑張ったことの努力が)むくわれる。②(借金などを全額)返済する。

I'm living proof.
『私がよい見本よ。』

living proof
【表現】(直訳は活きた証拠ですね)生き証人、よい見本

Madame Rochet, back again?
『マダム・ロチェット、またいらしたの?』

Give me back my patisserie.
『私に、私の店を返して。』

patisserie
【名詞】「パティスリー」フランスやベルギーにあるケーキや洋菓子を専門に扱うベーカリーの一種。

Oh, you're so amusing.
『オー、あなたはとても愉快だわ。』

amusing
【形容詞】〔話・映画などが〕面白い、楽しい、愉快な

Like an amuse-bouche.
『アミューズ・ブーシュみたいに。』

an amuse-bouche
【名詞】フランス料理のコースの最初に出される軽いおつまみのこと。「口を楽しませる」という意味。

You signed it over to me, remember?
『あなたはサインして私に譲り渡したのよ。思い出して。』

● sign over (=sign away) to~
【熟語】~に(サインをして権利を)譲り渡す

Mon dieu. I don't understand.
『おやまあ、わからないわ。』

●Mon Dieu
【間投詞】(フランス語)おやまあ【発音】mɔ̀ːn djúː

One moment, I am eating one of your croissant, and the next I'm signing over my cafe.
『一瞬、あなたのクロワッサンの一つを食べるつもりになって、次の瞬間、私のカフェを譲り渡すつもりに。』

croissant
【名詞】クロワッサン【発音】krwɑːsάːŋ

C'est la vie.
『人生ってそんなものよ』

C'est la vie.
【決まり文句】(フランス語)人生ってそんなもの、これが人生さ、仕方がないよ
【発音 】 sε la vi(セラビー)ビーに強勢
※英語の同じような表現
① It is what it is. (困難な状況の中で)どうしようもない、しかたがない
② That's life. (残念な出来事に直面して)これが人生さ、世の中そんなもんだ、しかたがない

Take one. On the house.
『ひとつ取って。店持ちで。』

On the house
【表現】酒場の負担で、店持ちで、タダで

Next.『次』

※次の、シーズン2・第2話④は、こちらの記事です。

海外ドラマ【just add magic】で英話・第2話④夢の知らせ
海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】で英語がみるみる出てくる 海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話が...