海外ドラマ【just add magic】で英会話・S2-第2話①・いよいよスープづくり

スポンサーリンク
海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)
スポンサーリンク

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】は生の英語の宝庫(S2-第2話)just add summer から

海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができるようになります。難しい単語、文法も一切なし。ひたすら聞き取れるようになるまでリスニング!登場人物になったつもりでシャドーイングしてみましょう!

人気の海外ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。

ジャスト・アド・マジックを使った、具体的な英会話の学習方法については、こちらの記事をご覧下さい。

海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】scriptで英会話・英語教材第1回
この記事は、海外人気ドラマ「ジャスト・アド・マジック」の字幕で、楽しみながら英語学習がしたい方向けの記事になります。 みるみる英語力が上がる具体的な方法を、わかりやすく説明しています。この記事では、すべてのセリフだけでなく、難しめの単語や熟語の意味、文法から読み上げ音声までつけて説明しています。ただ記事を読むだけでストレスなく、聞く力、話す力、英語の自然な表現力がみるみる身につくはずです。

ジャスト・アド・マジックは、アマゾンのプライムビデオで無料で見れますので、ネイティブ級の語学力を身につけてみませんか。

海外ドラマをAmazonプライムで見る!特典10と年会費などをやさしく解説
「Amazonプライムへの入会」を迷っている方に、気になる会費や10の特典、登録時に注意することなどを分かりやすくお伝えします。 入会した後、がっかりしないように「お得なこと」だけでなく「残念なこと」も...

■シーズン2・第2話目からは「前回まで」を除き、「本編」からスタートします。

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語・魔法の呪文は1回だけ

My grunde fingerroot. Remarkable.
『わたしのグルンデ・フィンガールート。これは驚いた。』

Remarkable【形容詞】驚くべき、非凡な

How did you get it? It can only be harvested on Halloween.
『どうやってそれを手に入れたの?それは、唯一ハロウィンの日に収穫できる。』

Pick-a-date dates.
『日にちを選んでデーツ』

How did you know?
『どうやって知ったの?』

We used it once. Bought that in 17th century China.
『私たちも、かってそれを使ったのよ。17世紀の中国でそれを買ったの。』

. Ooh.『だめ!』

 

- Uh--『う~』

Well, the next time we do the pick-a-date spell, we're going back to see the dinosaurs.
『次に私たちがこの呪文を使うとき、恐竜を見に行くつもりなの。』

There is no next time. This is a spell you can only do once.
『次回はないわ。これは、1回だけ使うことができる呪文よ。』

What?
『えっ?』

Didn't you read the riddle?
『あのなぞかけを読んでないの?』

■シルバースさんのドイツ語[speaking German]

Yeah. Nine more chances.
『そうよ。9回のチャンス。』

What are you talking about?
『あなた、何について話してるの?』

In German, nine means no.
『ドイツ語で、ナインはNOを意味してるのよ。』

You're never gonna let me live this one down, are you?
『わたしにこれを一生後悔させるつもりはないよね。』

live~down【句動詞】(悲しいこと、不名誉なこと)を乗り越える、帳消しにする
never live down 【句動詞】決して乗り越えられない=一生後悔する
※なじみのない表現ですね。

Nine.
『ノー(後悔させる)』

Well, it's just as well. I don't like the thought of you traveling through time and space.
『ああ、それはかえって好都合だわ。私は、あなたたちが時空を越えて旅行するなんてことを考えるのは好きじゃない。』

it's just as well.(=That's just as well.)
【成句】それはかえって好都合
the thought of~(at the thought of~)
【表現】~を考えること(~を考えると)

If we are making the Miso-Person's spell, we have some work to do.
『もし、私たちがミソ・パーソンズの呪文使うつもりなら、いくつかする仕事がある。』

Darbie: Whoa. I've never seen tiny trees in a pantry before.
『ワオ、食品庫の中で小さな木たちを見たことがない。』

Nicayenne, pegu, cesper, culingot.
『ニカニィヤ、ペグ、セスパー、クリンゴット、、、』

Mama P didn't tell us about these spice families.
『ママPは、これらのスパイスたちついて私たちに言わなかった。』

Mama P withheld information. I'm shocked.
ママPは、情報を与えなかったの。ショックだわ。

withhold 【動詞】与えないでおく、差し控える

I've always liked to work with the earth spices. They're Mother Nature's gift.
『私はいつだって大地で育ったスパイスが好きなの。彼らは、母なる自然からの贈り物よ。』

We're gonna need night-blooming chives.
『私たちが必要なのは、ナイトブルームチャイブよ。』

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語・魔法のスープ作り

Kelly: "The person you seek will appear in the broth crystal clear.
『あなたが探している人物が、スープの中にはっきりと現れる。』

"You will know where they are, be it far or near."
『あなたは、彼らがどこにいるか知ることになる。遠くであろうと近くであろうと。』

Hopefully, this spell will tell us if our cake broke Chuck's curse.
『だといいんだけど、この呪文が私達のケーキがチャックの呪いを解いたかどうか教えてくれる。』

I can't believe we traveled back in time to get this, and that's all we're using?
『信じられないわ、私達がこれを取るために過去に旅行したのに、アレが私たちが使うすべてなの?』

back in time
【表現】過去に戻る

Yes.『そうよ。』

Kelly: Show us if Chuck is in Saffron Falls.
『私たちに示して、チャックがサフロン・フォールズの町にいるかどうか?』

"If the face appears not, their image not caught,
『もし、顔が現れなかったなら、彼らのイメージはつかまってない。』

"peace of mind you have bought."
『あなたが買った心の平和だ』

I don't see anything.
『私は何も見えない。』

Just little chunks of tofu.
『ただの、小さな豆腐のかたまり。』

Chuck isn't here, Grandma.
『チャックはここに居ないわ。おばあちゃん。』

His curse didn't break.
『彼の呪いは解けてないわ。』

He's never coming back.
『彼は、決してもどらないだろう。』

Chuck is out there.
『チャックは外にいるわ。』

out there【表現】外に、向こうに、世の中に

海外ドラマ・まほうのレシピscriptでネイティブ英語・待ちに待った夏休み!

数週間後、、、

Oh, last day of school.
『オー、学校の最終日!』

●文法的に正しいのは、「 last day 」ではなく「 the last day 」です。

Or the first day of summer.
『それに、夏休みの初日!』

Long hikes.
『ながいハイキング。』

No homework for three months.
『三ヶ月の宿題なし。』

Swimming, picnics.
『スイミング、ピクニック』

No homework for three months.
『三ヶ月の宿題なし。』

- The beach.
『ビーチ』

- No homework for three months.
『三ヶ月の宿題なし。』

Sorry, that's all I got.
『ごめん、それしか考えられない。』

that's all I got
【表現】それが、私が持ってる全部。
・Is that all you got.なら「それがおまえが持ってる全部かい?」
・That's all I've got to say.「それが、私の言う必要のあるすべてだ。」=「それしか言いようがない。

[laughing]

I want this to be the most fun, carefree, memorable summer we have ever had.
『私は、これをかつて経験した中で、もっとも楽しく、のんきで、思い出に残る夏にしたい。』

S(主語) have ever had.
【表現】Sがかつて経験した中で、
(例)vThis is the best cake I've ever had.
『これは、私が今まで食べたケーキの中で1番美味しい。』

Me, too. Sleep in late, laze around all day.
『私も、寝坊して、一日中だらだらしてる。』

laze【自動詞】怠ける、ぼんやり過ごす
around all day【副詞句】一日中

- Absolutely nothing to do.
『絶対にすることは何もない。』

- I made a list.
『私、リスト作ったの。』

That doesn't sound carefree.
『それって、気ままに聞こえないんだけど。』

Memories don't just happen. You've got to work at them.
『思い出って、偶然起こらないの。それらに取り組む必要があるのよ。』

We are going to be busy.
『私たち、いそがしくなるわよ。』

Archery classes, bike riding--
『アーチェリーのクラス、自転車にのって、、』

Can we combine the two?
『私たち、その二つを組み合わせられないの?』

[laughing]

There's one thing that I don't want to do this summer, and that's magic.
『1つある、私がこの夏休みにしたくないことが。それは魔法。』

There's one thing that~
【表現】~that 以下なことが一つある。※使える表現ですね。

- I'm down with that.
『それについては、同感。』

I'm down with that.
【表現】「いいね、やりましょう、いきましょう」
といった、何かの提案や誘いを快く受け入れるときに使う同意表現です。似たものがあるので注意が必要です。
I'm down with that. = I agree with that.(賛成!それに同意します)
I'm down for that. = I’d like to do that activity too.(私も、その活動をしたいです)
※イギリス人はI'm up for that.と言います。down とup 、逆でおもしろいですね。
【意味の違い】ほぼ同じですが、交換できる場合とできない場合があります。
①交換できる場合

A: Let's go get Sandwiches.
B: I'm down with that. / I'm down for that.
②交換できない場合1
A: Do you want to go see a movie?
B: Sure, I'm down for that. ( "I'm down with that"には交換できない。質問されているので「同意します」ではおかしいですね。)
③交換できない場合2
A: Pizza tonight?
B: I'm down with that. ("I'm down for that"には交換できない。「同意」だからですね。)

- Yes.『そうね。』

[sighs]
Guess we won't be needing this anymore.
『私たち、これはもう必要じゃないと思うんだけど。』

This was one mystery we didn't solve.
『これは、私たちが解かなかった謎だった。』

And I'm okay with that.
『そして、私はそれについては気にしてないわ。』

Me, too.『私も。』

But if Grandma was so sure she saw him--
『しかし、おばあちゃんが彼を見たのが確かだったら、、、』

Kelly, we just agreed.
『ケリー、私たちは決めたよね。』

- This summer...『この夏は、』

- All: No magic.『魔法はなし』

You're right.『あなたが正しいわ。』

So, where should we hide the book?
『それで、あの本をどこに隠すべきかしら?』

■3人で屋根裏部屋に移動して、、、、

Genius idea, Kelly.
『天才的なアイディアね。ケリー。』

I just thought to myself, where's the last place that Buddy would ever stick his nose?
『私、心の中で考えたの。(直訳)バディが絶対に首を突っ込むであろう最後の場所はどこかって。』

v●think to oneself
【成句】(声を出さずに)心の中で思う、密かに考える。
the last place
【成句】(人が)もっともいたくない最後の場所
stick one’s nose (in)
【句動詞】~に鼻を突っ込む、(他人のことに)口を出す、首を突っ込む、詮索する

It's been a long time since we've played at Brighton Manor.
『私たちがドールハウスで遊んでいた以来だから、ずいぶん長い時間がたったわ。』

It's been a long time
【表現】直訳「長い時間がたった」=「久しぶり」の定番表現
強調したい場合は「 It's been such a long time.」
●Brighton Manor
という商品名のドールハウスかと思われます。

You're on vacation, too, old friend.
『あなたもバケイションよ、古い友よ。』

Added security against Buddy. He's scared of clowns.
『バディ対策で、お守りを付け足すわ。彼はピエロを怖がるの。』

Are we ready to start our summer of fun?
『楽しい夏を始める準備ができたかしら?』

Let's do it.
『さあ、それを始めましょう!』

※ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】シーズン2・第2話②は、こちらの記事になります。

海外ドラマ【just add magic】で英話・第2話②素敵な夏休みがいよいよスタート
海外ドラマ・まほうのレシピ【just add magic】は英語フレーズの宝庫 海外ドラマは、英語を身につけるための最高の教材です。アメリカの中学生程度のリスニングとスピーキングができるようになれば、自由に英会話ができ...
海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)で英語学習
「海外ドラマ・まほうのレシピ(Just add magic)」の記事一覧です。